デメリット

学習塾に通って受験勉強をすることのデメリットですが、確実な合格が保証されるものではありません。 毎日家で勉強し、塾通いをしたとしても、志望校の合格ラインに届かない可能性はあります。 また、どんなに合格実績やノウハウが豊富で、指導力の高い講師のいる塾に行ったとしても、生徒本人にやる気がなければ十分な学習効果は得られません。

そのほか、子どもの学習レベルに合った塾を選択してあげることも大切です。 現状の実力ではハードルの高い塾を選択してしまうと、塾での授業に付いていけなくなってしまい、学習意欲が失われてしまいます。 生徒のレベル別にクラスをわけている塾や、補習塾をうまく活用しましょう。

集団塾では授業に集中しないようなタイプの子どもの場合には、個別指導塾で常に先生の監視下にあり、集中して授業を受けざるを得ない状況に持っていくというのも一つの手です。 そして、学習塾に通うことはタダではありません。塾によって具体的な金額に差はあるものの、費用が発生します。 毎月の授業料だけでなく入会金、テキスト・教材費、模試の受験料などの名目でお金がかかるところも少なくないため、複数の塾のトータルでかかる金額を比較し、予算に合っているところに子どもを通わせるようにしましょう。